架空請求が送られてきたらどうすればいいの?

架空請求が送られてきたら

 

人妻との出会い系サイト=架空請求といったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
実際に、ひと昔前までは出会い系サイトを運営する悪徳業者が、不特定多数の利用者に高額な架空請求を送りつけるというトラブルが見られました。
ところが最近では悪質な出会い系サイトでも架空請求書を送りつけてくるような業者が減ってきています。
なぜならば、ほとんどの場合が悪徳業者側の敗訴に終わってしまうからです。

 

ただ、今でも数は少なくなったとは言え、現実問題として架空請求をよこしてくるような業者も存在するので、引き続き注意しなくてはいけません。
実際に気をつけていても被害に遭うことだってあるかも知れません。
そんな時のために、熟女との出会い系サイトの架空請求にまつわる知識を少しでも身に付けておいて頂きたいと思います。

 

まず、架空請求が送られてくるようなことがあれば自己解決せず、消費者センターに相談するようにしましょう。
消費者センターでは数々の事例を見てきていますから、適切な対処法を案内してくれるはずです。
更には、架空請求の送り主とのやり取りも行ってくれるので安心です。

 

よく言われるのが、身に覚えのない架空請求にはとりあえず反応しないということです。
連絡先等が記載されていたとしても、自分からは決して連絡しないようにしましょう。
業者側が裁判所を通して連絡してくるまでは無視し続けることが鉄則です。
そもそも、身に覚えのない請求に対して消費者は支払いの義務が生じないので、安易にやり取りして料金を支払ってしまうことのないようにしましょう。

 

業者側が裁判所を通じて連絡を取り付けてきても、まずは消費者センターに相談するのが必須です。
悪徳業者のやることです。
もしかすると裁判所からの通知ではない可能性だってありますから、消費者センターに判断を委ねましょう。
もしも本当に裁判所からの通知なら、受け取った日から2週間以内に裁判所に出向き督促意義の申し立てを行う必要があります。
結論から申しますと、ほとんどの場合、悪徳業者側が敗訴するという結果になりますから、慌てなくても大丈夫です。
とにかく消費者センターの指示を仰いで動いていれば問題ありません。

 

ちなみに、小額訴訟手続きが必要な場合には答弁書が必要になります。
督促意義の申し立てや答弁書に関しては、専門家に任せるのが得策だと言えるでしょう。
とにかく自らの判断で安易に行動を起こさないことが大切ですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ