「人妻」や「熟女」との出会い 男性34才自営業の体験談

 

20代の頃、年上の女性と知り合いたくて出会い系サイトを利用していたことがあります。
特に20代前半の頃は「お姉さん」というファンタジーがあったので、年下よりも断然年上が良かったんですよね。

 

インターネットで検索すると「人妻」や「熟女」が集まるサイトもすぐに見つかりました。
みんな家庭がありながらも、かなり切実に「出会いたい」んですよね。
メッセージも、独身の人よりある意味熱い感じでした。

 

初めて会った女性は自分よりちょうど10歳年上だったと思います。
夫とは完全にセックスレスだそうで、けっこう燃えましたね。
30代の割には身体の線も崩れていなくて、美人だったのでこちらは好きになりかけたのですが、
「家庭に波風は立てたくない」ということで、向こうの都合で2、3回会っただけで終わりましたね。
でもその「瀬戸際で貞淑」な感じが「大人だなあ」と思って、しばらく年上の女性との出会いを探し続けました。

 

2人目は40歳ちょうどの女性。
自分が今現在30代になってみると「ちょっと年上」くらいにしか思わないですが、あの当時は「熟女」と認識していました(笑)。
ほどよく年を重ねて、でもおばちゃんというほどではなくて、食事1つするにしても常にリードされてましたね。
普段生活していたらまず関係を結べない年齢の女性だったので新鮮でした。

 

こちらは自分でも仕事を続けてらして、旦那さんともまだセックスがあるそうなんですが、
「とにかく性欲を持て余しちゃって」というパワフルな人で、ベッドでもかなり濃厚でした。
最初の人妻とは違い、この人は自分の方が疲れて別れちゃいましたね(笑)。

 

その時の経験が基礎を作ったのか、
今でもどちらかというと年上の女性が好きなので(なおかつ、既婚だと燃えます)、
また近いうちに利用しようかなと思っています。


ホーム RSS購読 サイトマップ